はじめまして。

  プロ心理カウンセラー、桑島隆二  と申します。


  はこれまで


  「引きこもり」「ニート」
  「うつ」「パワハラ」
  「家庭内暴力」「不登校」
  「離婚」「DV」


  などの相談をたくさん受けてきました。

  また、以前は大企業の人事部に所属しており、やがて司法書士として独立しました。

  そして長い間、仕事を通して心理学と法律を学んで、身につけてきました。

  そのため、人事異動や心の問題ついて相談しやすい雰囲気があるのかもしれません。

  しかし、いくら経験豊富で心理学をたしなんでいたといっても、知人の紹介です。

  ご飯を食べたりお茶を飲んだりしながら、雑談のような形で相談にのっていました。

  その中で会社の人間関係について


  「新しくきた上司と、どうしてもうまくいかない」

  「一生懸命仕事をしているのに、自分ばかり攻撃される」

  「今度の上司は、部下を何人も病院送りにしてきた」



  という相談はよくありました。

  そしてこのようなパワハラの相談は、ここ数年で急激に増加しました。


  どうして上司は、こんなにひどい人なんだろうか。

  部長はどうして、課長のひどさがわからないんだろう。

  このように誰もが思い、苦しんでいるのです。

  私は人間の心理について、学問としての知識をたくさん知っています。

  しかし相談者に学問の話しは、ほとんどしません。

  なぜなら机上の学問の話しは、現実の問題解決に何の役にも立たないからです。

  現実の問題解決の役に立つのは、本当に問題が解決された事例や体験なのです。

  そして本当に問題が解決された事例や体験を、私が学問という知識で裏付けします。

  ただの事例や体験談だけでは、その人の問題を解決できません。

  なぜなら他人の体験談は、その人にすべて当てはまるとは、限らないからです。

  だから私は、本当に問題が解決できた事例や体験談を、学んだ知識で裏付けしてきました。

  こうやって、より多くの人にあてはまるようにして、多くの人を助けてきました。




  いかに上司がひどいパワハラをするか話す人に、私はこう言ってきました。


  「あなたに原因があるから、あなたはやられるんですよ。」


  こうやって言うと、必ず全員、絶句します。

  でも、考えてみてください。

  あなたの部署には、あなた以外にも社員がいるのです。

  でも、あなただけが、やられているのです。

  どうして他の社員は、やられないのでしょう?

  どうしてあなただけが、やられるのですか?


  それはあなたに「他の社員にはない、あなただけの原因」があるからです。


  もちろんパワハラ上司が、悪いに決まっています。

  でもあなたには、上司のパワハラを誘発する「何か」があるのです。

  でもあなたは、その「何か」をわかっていないから、パワハラのえじきになるのです。

  あなたがパワハラを誘発する原因は、あなたが仕事のできない人だからではありません。

  むしろ、あなたは人より優れたところがあるからこそ、狙われてしまったのです。




  上司はあなたと出会った瞬間から、パワハラをしたわけではありません。

  むしろ最初は、なんとなく良い上司だな、と思ったりしませんでしたか?

  それが少しずつ悪化して、いつの間にか「パワハラ」のような状態になったはずです。

  これにはもちろん原因があり、こっそり解決できる対処法がきちんとあります。

  心理学の点から改善する方法を、お伝えすることはできます。

  しかし、悪化した人間関係をすぐに改善するのは、簡単ではありません。


  正確にはパワハラを改善することは可能なのですが、ある程度の時間がかかるのです。


  パワハラ上司によって個人差はありますが、1年ぐらいかかることもあります。

  しかし今現在、パワハラで苦しんでいる人が、そんなに長い時間は耐えられません。

  なるべく早く、できれば今すぐにでも解決したいのです。

  それならば、パワハラの相談窓口などに相談してみては、という方がいます。

  しかし相談窓口に相談して解決しているなら、パワハラの被害件数がうなぎ登りで増えるわけがないのです。





  「公的機関の相談窓口に行ってみる」


  なんてことで解決できるのなら、この世にパワハラ問題など存在しません。

  もちろんこれらの相談窓口が、大いに役立つことはあります。

  それはパワハラの被害者が、退職覚悟で会社と戦うつもりになったときです。

  会社を裁判で訴えて損害賠償を請求してやる!というつもりなら、相談窓口は大いに役立ちます。

  そのような方は、どんどん積極的に相談するべきでしょう。

  しかしパワハラ被害を受けている人のほとんどは、会社内の大きな問題にしたくないのです。

  上司とうまくいっていないことを会社の問題にすると、自分の会社内での立場が危うくなります。

  パワハラ問題を外部の力を使って解決してしまうと、あなた自身も会社にとって好ましくない存在、と思われます。

  何か問題が起きると、外部の力を社内に持ち込んで解決しようとする迷惑な奴、というレッテルを貼られます。

  パワハラで苦しんでいる他の社員からは、白い目で見られるでしょう。

  だからパワハラに苦しむ人は、外部の相談機関などに相談したくないのです。

  パワハラに苦しむ人は、会社から変なレッテルを貼られることなく、パワハラから脱出したいのです。

  でも、そんな気持ちをわかった上で解決してくる窓口など、どこにもありません。





  自分のパワハラ問題は、会社内の大きな問題にはしたくありません。

  だから、外部の相談窓口を利用して解決したくないのです。

  転職して会社を辞めるというのも、ちょっと難しいでしょう。

  しかし今の状態があと何年も続くのは、精神的に耐えられません。

  それならば、どうすればよいかと言うと、


  「人事異動・部署異動で上司と離れてしまえばいい」


  のです。

  そんなこと言われても、自分の立場でそういうことは難しい、と思われるでしょう。

  他部署の上司に人脈やコネなんて何もないから無理だ、と思われるでしょう。

  しかし、そうではありません。

  パワハラの被害者こそ、人事異動・部署異動の対象になりやすいのです。

  パワハラの被害者というのは、他部署の上司の目にすでにとまっています。

  だからキッカケがひとつあれば、すぐに異動の話しが出やすいのです。

  他部署の上司は、あなたがパワハラ上司にどう対処するか、遠くからしっかり見ています。

  そしてあなたの対応方法が正しければ、あなたは他部署に引き抜かれるのです。

  特別な実力も、人脈も、コネも必要ないのです。

  パワハラ被害者のあなたが、いつまでも同じ部署にいるのは、あなたの対応方法が間違っているのです。

  他部署の上司の「おめがね」にかなうような対応方法をしていれば、今の部署にはいないのです。

  あなたが今も同じ部署にてパワハラ被害を受け続けているのは、あなたの対応方法が間違っている、という証拠なのです。





  パワハラを脱出するのに一番いい方法は、実際にパワハラを脱出できた人のやったことを、マネすることです。

  パワハラ被害にあってしまう理由は、AさんもBさんも大差ないに決まっています。

  そして人事異動・部署異動の考え方など、どこの会社も大差ないのです。

  他部署の上司があなたを気に入るか、気に入らないか、それだけです。

  どこの会社も結局は、好き嫌いで決まっているのです。

  成功者は誰でも、他の成功者のマネをすることから始めます。

  だからあなたは現実にパワハラから人事異動で脱出できた人と、同じ事をすればいいだけなのです。

  人事異動・部署異動がないような小さな会社なら、パワハラを改善できた事例を、マネすればいいだけなのです。

  マネをするというのは、考えなくてもよいですから誰でも簡単にできることです。

  そして成功事例のマネをするということは、はるか大昔からの成功法則の鉄則なのです。

  私はこれまで、多くの「パワハラ被害」の相談をたくさん受けました。

  しかし、話している内容はほとんど同じです。

  相談者は、個人的な事情を一生懸命話します。


  「これって、パワハラにあたりますか?」

  「うちの上司は本当にひどいんですよ。」



  ということを、必ず全員が言います。

  そして相談者は自分の悩みがいかに特殊であるかを話すのです。

  私は「あぁ、また同じか」といつも私は思っています。

  実は、いつまでも同じ状況で苦しみ続けているのは、その人に原因があるからです。

  そして相談者は全員、問題の上司ばかりに焦点を当てて話しています。

  しかし相談者は「パワハラは逆転の大チャンス」ということに気がついていないのです。

  パワハラ被害にあったということは、天の神様が飛躍の大チャンスをくれているのです。

  それなのに、いつまでもパワハラ被害の文句を言って、落ち込んでいるのです。

  そんなことでは、せっかくの飛躍のチャンスをモノにすることはできません。

  でも相談者は、自分に問題があることに気がついていないし、どう対処していいかもわかりません。

  そこで私は、これまでパワハラから脱出、改善できた他の相談者の事例を話します。

  そしてその通りにマネして、行動してもらうのです。

  パワハラ被害にあう理由が同じですから、脱出する方法も、すべて同じなのです。

  人事異動・部署異動がないような小さな会社なら、それに対応する方法も、すべて同じです。

  私はこうやって、多くの相談者をパワハラ被害から脱出・改善させてきました。



 

  私は昔、ある大企業でサラリーマンをしていました。

  そして、職場で上司からいじめられていました。

  今で言う「パワハラ」です。

  私は会社を辞めたくて辞めたくて、仕方がありませんでした。

  でも、会社を辞めることができませんでした。


  「会社を辞めたら生きていけない。死んでしまう。」


  と思っていたからです。

  それでも上司のイジメは本当に苦痛で、耐えられるものではありませんでした。

  しかし会社を辞めたら死んでしまうと思っていたので、地獄のような日々が続きました。

  自殺することを、何度も何度も考えました。

  このままでは、自分がおかしな精神病になってしまうのではないか、とも思いました。

  自分の人生には何の価値もない、と絶望していました。

  いじめには本当に耐えられないが、会社を辞めることはできない。

  この悩みからどうやっても抜け出せずに、何年も苦しみ続けていたのです。


  そして絶望によってどん底まで落ちたとき、ふと気がついたのです。


  「自分を助けることができるのは、自分だけだ。」


  上司はたしかに、悪い人です。

  しかし現状をいくら嘆き悲しんでいても、誰も助けてくれないのです。

  自分にすべての問題があるからこそ、自分を助けることができるのは自分だけだ、ということに気がついたのです。

  そして法律、心理学、哲学を鬼のように勉強し続けました。

  上司のいじめに耐えることを、怒りのエネルギーに変えて勉強したのです。

  そして転職ために猛勉強を続けていたある日、


  「桑島君、○○部署へ異動だ!」


  と言われたのです。

  私は目がテンになり、キツネにつままれたようでした。


  自分なんて、どこの部署にも必要とされていないダメな人材だ、と思っていたからです。


  だから、あまりの意外な展開に、あっけにとられるしかなかったのです。

  そして心理学と哲学の勉強がすすむうちに、ようやくすべての謎が解けました。

  なぜ自分はパワハラ被害にあったのか、どうして突然に人事異動になったのか、すべてわかったのです。

  結局私は会社を退職して、法律を使った仕事をするようになりました。

  そして人の悩み相談を受けているうちに、パワハラ問題のカウンセリングを数多くして、解決するようになったのです。

  自分がパワハラ被害で悩み苦しんだことが、こんなに人の役に立つとは、あの時は夢にも思いませんでした。






  相談者の話を聞くと、みなさんいろいろ努力されています。

  しかしその内容を聞くと


  「それは絶対やっちゃいけないでしょ!」


  ということを、平然とやっているのです。

  たとえば、


  「パワハラ上司に対して、問題点をわかりやすく説明する」

  「仕事の指示内容に対して、有益と思える改善点を進言する」



  上記の2つは、パワハラ上司に絶対やってはいけないことです。

  もちろん、相談者に悪意などまったくありません。

  それどころか、自分としてはパワハラ改善のために、良いことをしているつもりなのです。

  自分の行動が状況を悪化させていることを知りませんから、今は仕方がありません。

  そこでまず最初に、事態を悪化させる行動をやめさせることを、一生懸命アドバイスします。

  それから、相談者にゆっくりと話しをはじめていきます。

  話す時間は、だいたい5時間にも及びます。

  それぐらい時間をかけて話さないと、わかってもらえないからです。

  私は人から真剣に相談されると、適当に答えることは絶対にありません。

  相手が本当に真剣なのだから、こちらも自分の力をすべて出し切らなければ、相手に失礼だと思うからです。

  だから知人の紹介であれば、お世話になった知人が助けを求めているのと同じなのです。

  ボランティアではありますが、全力で自分のすべてを出し切ってアドバイスをしてきました。

  とにかく、協力を惜しみませんでした。

  そのような姿勢と態度が、さらなる相談者を呼んでくるのかも知れません。

  ただ私は、毎回毎回本当に同じ話しばかりしていることに気がつきました。

  同じ話しをひたすら繰りしているのは、効率が悪いのでは、とも思いました。

  しかし私は、みなさんと直接会ってお話をすることができません。






  そこで私はカウンセリングで5時間もかけて話す内容を、


パワーハラスメントから人事異動で脱出する方法


  というマニュアルという形にして、次のようにまとめました。





  私と直接お話しできない方に、どうしたら私の伝えたいことを簡単に確実にわかってくれるだろうか?

  そして読んだ方が誰でも簡単に理解できて、今すぐに実行できるだろうか?

  そのため


  「わかりやすさ」

  「すぐに簡単に実行できる」



  ことに重点をおいて、全身全霊をこめて全力で書きました。

  ページ数は、PDF形式でA4サイズ161ページにもなりました。

  またこのマニュアルには、特典として次のような1時間20分にも及ぶ音声の解説をお付けいたしました。

  音声による解説では、マニュアルに書ききれなかったことを、たくさん話しています。

  音声による解説を聞けば、さらにわかりやすく修復の方法が理解できます。

  このマニュアルと音声による解説を、合わせて利用してください。

  すると、私のカウンセリング5時間分を直接受けているのと、同じ体験ができます。




  実際にこのマニュアルを利用し音声を聞いて、私のメールカウンセリングを受けた方からは、次のような感想をいただきました。







  『いろいろ、書いてるけど、このマニュアルのメリットはなんなの?』

  そうですね、いろいろありますが、パワハラ上司との関係を改善できた事例、人事異動・部署異動で脱出できた事例を簡単にマネすることができるという事です。

  パワハラを裁判で訴えて解決したいのなら、弁護士に依頼すれば済むことです。

  しかし多くの人は、そんな解決方法は望んでいません。

  これまで通り今の会社に勤めながら、平和的にパワハラから脱出したいのです。

  しかし公的機関の窓口に相談してしまうと、会社内で問題として広まってしまう可能性があります。

  そのため平和的にパワハラから脱出したい人は、どうしていいかわかわずに困ってしまうのです。

  私はこれまでパワハラ問題を解決するのに


  「それだけは、やってはいけないでしょ!」


  というような、決定的な間違いをしてきた人をたくさん見てきました。

  もちろん本人達に、間違いをするつもりはまったくないのです。

  ただそれが、やっていはいけないことだということを、本当に知らなかっただけなのです。

  だから私は


  「パワハラ解決ののために、やらなければいけないこと」

  「パワハラ解決のために、やってはいけないこと」



  をきちんと伝えなければならないと思うのです。

  正しい理解と行動があれば、パワハラ問題は意外と早く解決するものなのです。

  もちろん、このマニュアルのメリットはこれだけではありません。

  まとめると次のようになります。





  でも、あなたはまだ自分でできるか、疑問をお持ちかもしれませんね。

  パワハラ解決なんて事が、マニュアルを読むだけで出来てしまうのだろうか。

  と、考えるのは普通だと思います。

  そこで、そんなあなたのために次のサポートをお付けいたします。




  次に、このマニュアルの値段についてお話しましょう。

  あなたはパワハラ問題解決を、法律専門家に頼んでみてください。

  すると引き受けてくれる法律専門家を探すのは、難しいかもしれません。

  なぜならパワハラ裁判は、証拠不足で負けることが多いからです。

  そもそもあなたは、パワハラを大きな問題にせず、平和的に解決したいはずです。

  公的機関へ相談しても、公的機関から会社に問題提起をされるのも嫌でしょう。

  すると、パワハラ問題を自分だけの問題として解決してくれるところは、どこにもないのです。

  たとえ優秀な心理学者等に巡り会えたとしても、会社組織や人事の専門家ではありません。

  そのため、どこかポイントのずれたアドバイスが多いのです。

  会社でパワハラと人事異動を経験し、心理カウンセリングのできる人は、まずいないと思います。

  そのような知識の集大成を、パワハラ解決のためによく勉強しておくべきです。

  これまでに1000人以上の方が私のマニュアルを購入され、本当に多くの方が救われてきました。

  このマニュアルですが、すぐに始められるように電子書籍(PDF)をご用意しました。

  • PDFファイル161ページ、音声データ1時間20分のマニュアルです。
  • 音声データはwma形式とmp3形式の、どちらでも聞くことができます。
  • お支払いはクレジットカードまたは銀行振り込みが利用できます。
  • 電子書籍(PDF)と音声データはご購入後、すぐに読んで聞くことができます。
  • スマートフォンでもPDFファイルを読み、音声データを聞くことができます。
  • お値段は¥29,800円(手数料、税金含む)です。






      私もかつて、パワハラで地獄を見ました。

      あんなにつらい経験は、二度とゴメンだと思っています。

      私は人事部に異動となることで、パワハラを脱出しました。

      そして人事部に在籍する間、人事考課表や本当の人事異動のウラオモテを、たくさん見てきました。

      上司は部下をこうやって見ていたのか・・・、などを学んだのです。

      今では、あのときパワハラ被害にあって、本当によかったと思っています。

      なぜならあの「パワハラ」によって様々な体験をし、解決法を身につけることができたからです。

      パワハラ被害者は、


      「なぜ自分は、こんなひどい目にあっているのか?」

      「自分は誠実に生きているのに、どうしてひどくなるのか?」



      といつも、思っています。

      私もかつてそう思っていましたから、その気持ちは本当によくわかります。

      しかし、パワハラは自分が余計な一言を言っていることを、知らないのです。

      その一言が事態を悪化させているということを、本当に知らないのです。

      だからそこのところを、どうしてもわかってほしいのです。

      人生を楽しめる時間は、とても限られています。

      それなのにあなたは、無意味な会社生活をいつまでも過ごして、無駄に時間を消費しています。

      無意味な会社生活を過ごすというのは、あなたは大変な「損」をしているのです。

      こうしている間にも、楽しめるはずの人生が楽しめず、損をたくさん積み重ねているのです。

      だから、正しい知識を手に入れて行動して、1日も早くパワハラ問題は解決してください。

      そして正しい知識を手に入れた人から順番に、この苦しみから脱出できます。






パワーハラスメントから人事異動で脱出するためのマニュアルを販売

Copyright (C) mulberry coporation , All rights reserved.

サイト運営者のご紹介 | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示